2015年10月13日火曜日

ありがとうございました

おかげさまで本ブログも昨日終了しました。
ご覧いただいた皆様、会場でお話を聞かせていただいた作家の皆様、
地域の皆様、どうもありがとうございました。

何か気になる記事はありましたか?

良かったらぜひ感想をお寄せください。

〒370-1193 群馬県佐波郡玉村町上之手1395-1
群馬県立女子大学 文学部美学美術史学科 奥西ゼミ
TEL 0270-65-8511(代表) FAX 0270-65-9538
e-mail:okunishi@mail.gpwu.ac.jp

ありがとうございました!

2015年10月12日月曜日

「思想の構成(英題 Thought background)」三浦かおり(旧第三小学校)


こんにちは かおりです

今回紹介させていただくのは三浦かおりさんの「思想の構成(英題 Thought
background)」です。

写真は作品一部、四万エリア、旧第三小学校2階の図書室の一部です。

申し訳ないです 写真からお分かりいただけるかと思いますが 特徴的なアーチをカメラに収められませんでした。

どんな形かと言いますと、ページを細切れにされた文庫本入りの無数の袋が、テグスのような糸で傘状に吊り下げられています。カバーをとられ中身をくりぬかれた同じ厚さ・外見の文庫本が、ページに埋もれるように袋詰めされています。

作家さんは、細切れになった本たちで、子供の頃、また大人になってから読んだ本の違い、意識の底にしまわれていった記憶について注目して表現したそうです。

傘のアーチが驚くほど整っていてきれいなためか、細切れになった無数の色もない本は、なんだか悲しく、切ないものに見えました。

恐らくどのアングルから撮っても全体を撮るのは厳しいかと思われます。

四万エリアを訪れた際は、ぜひ足を運んで実際に見てみて下さい。
 


 

「マレビト」(中屋)

こんにちは、りほです。
今回は四万温泉エリアの中屋全体を使った作品「マレビト」をご紹介します。

こちらは、「家」のメタファーをテーマにした5人の作品で構成されています。
作品は1階、2階、地下にあります。

今回は1階にある鈴木隆史さんのものをご紹介します。
こちらは中之条に住んでいる方々から不要になったものを貰い受け、
作品に変身させたものです。使わなくなった時計や靴、応援用の旗なんかもありました。

作品のある場所に我々が赴く美術館とは違い、我々の生活の中に作品が紛れ込む、
そんな不思議な空間です。

「いきるかたち」‏ KANNO×KANNNO(旧廣盛酒蔵)

こんにちは。まいです。
今回は、旧廣盛酒蔵にある KANNO×KANNNOさんの作品、「いきるかたち」を紹介します。
 
こちらの作品は、古い絹糸をみつろうでカバーし、
そこにタンポポの綿毛を約1000本を取り付けています。
 
絹糸は廃工場で残されていたもの。長い長い時間を閉じ込めています。
 そしてたんぽぽはこれから未来へ飛び立っていこうとするエネルギーを抱えています。
この作品を見たときはなんだか不思議な気持ちになりました。

 静けさのなかに、とても強いエネルギーを感じたのです。
皆さんはどのように感じるでしょうか?
 
 

「綯う」齋江貴志(修験道の家)

こんにちは、のぞみです。
今回は六合エリアの作品を紹介していきます。

 


 修験道の家にあるのは、齋江貴志さんの作品、「綯う」です。
この作品は、建物の1階と2階の部屋中に縄が張り巡らされていて、
なんだか不思議な空間をつくりあげていました。

また、天井から吊るされた縄が床にまで続いていて、
まるで一本の木が立っているようでした。

中之条では、菅という植物を刈り、
温泉にさらして足で踏む作業をねどふみと呼んでいます。
そうしてその菅で縄を綯い、草履などの手工芸品として売っているのです。
この作品も、ねどふみによって作られた縄を用いているそうです。
地域との繋がりが感じられる作品でした。

2015年10月11日日曜日

「under the table」大橋博(旧第三小学校)


こんにちは かおりです

今回は四万エリア・旧第三小学校の2階の教室、
大橋博さんの「under the table」をご紹介します。

普通の教室に、卓球大の下、たわむ紐を握り合う不思議な人たち。
壁面には謎の突起とラケットが見えます。

不思議な小さい人たちは 背格好は赤ん坊のようですし、
髪型や独特な首のしわ、輪郭や大きな耳はお釈迦様のおそばに
控える仏様にも見えますが、顔は明らかに大人です。
よほどかがまない限り全員の姿、表情を同時に見ることはできません。

作品のそばを歩けば歩くほど次から次へと卓球台の隙間から
お顔を拝むことになり、若干異なるお顔の方も混ざっているような気もしてきます。
視点が変わるたびに表情さえ変わるような……

教室の色に近い系統で統一されているからか、独特な形と表情が非常に目立っている気がいたしました。
 
 
 
「従来の活動を終えた建造物。今や物語となったかつて展開されたはずの生と、終えた後に重なる時間。いま此処を訪れることによってどんな音を聞くことができるのだろう。どんな光をつかまえることができるだろう。私のつくるモノはその物語の脇役にしかすぎない。」と述べられています*
物語とは思い出のことなのでしょうか。
小さな人たちとは一体どこまでのどんな人々を指しているのでしょう?
 
本展示では近寄ったり、後ずさりしたりカメラのズーム機能をフルに使ったりすると、小さな人たちの表情や力みどころを詳細に観察・推理できます。というよりリアルに小さい人と目が合いそうなスポットもあります。
是非展示室で間近に見ることをお勧めします。
*キャプションの言葉を一部抜粋させて頂きました。
 
 
 

「失われゆくもの。」白鳥友里恵(旧第三小学校)

こんにちは、りほです。
今回は四万温泉エリア・、白鳥友里恵さんの「失われゆくもの。」をご紹介します。
 
この会場は名前のとおり、元々小学校でした。学校の廊下を歩いていると、
足元から不自然に差し込む光が……。
 
小さい入口は少しだけ不思議の国のアリスを思い出しました。
大人がしゃがんでやっと通れるほどの大きさの入口を抜けてみると、
真っ白な部屋の中にはなんと床に広がる大量の「お米」が。
 
そして頭上には大量の割り箸が。
お米も割り箸も、「なんとなく消費」しているものですが、
この場所は「なぜここにあるのか」を考え直す場所になっているのかもしれません。